RSS
 

【送料無料】【お取寄せ品】【東海光学】遮光オーバーグラス「Viewnal(ビューナル)by STG」Type F ダークレッド 遮光眼鏡/花粉防止眼鏡/眩しさ防止/眼疾患




東海光学遮光オーバーグラス、ビューナル

光線のまぶしさ、ぎらつきをカットして、心地よい視環境をバックアップします!
下記写真は【FL】のカラーレンズが入っていますが、ご注文の際は使用目的やお好みに合わせて、ご希望のレンズカラーをご指定下さい。






普段お使いのメガネの上から掛けることのできる、遮光オーバーグラス。
大きめのメガネの上からでも装着できます。(サイズや種類によってはオーバーグラスとしてご利用できない場合があります)。

まぶしさの原因となる青色光線をコントロールし、より鮮明な視界をキープ。
豊富なレンズカラーバリエーションと、3種類のフレームサイズからお選びいただけます。
東海光学ビューナル遮光眼鏡レンズ、正面

フレームサイドにも同じレンズカラーをはめ込み、側面の視界を保ちつつ、侵入する光の眩しさもカットします。
側面も遮光レンズで眩しさカットし視界を確保、東海光学ビューナル

さらにフレーム上部には厚み(幅)を持たせ、上から入り込む光を遮断しています。
幅あるフレーム上部で入り込む光を遮光。東海光学ビューナル

国産の東海光学の遮光レンズ(サングラス)です。
フレーム素材は、軽くてしなやかなフィット感のナイロン系。レンズはプラスティックを使用。
日本製国産の東海光学ビューナル遮光眼鏡レンズ

ページ下部のレンズ・カラーサンプルの中から、ご希望のレンズカラーをご指定下さい。

遮光カラーは、有害な紫外線やパワーのある短波長の光線から目を守るという基本性能のほかに、コントラストの観点からさまざまのシーンにて活用できるため、

まぶしさをお感じになる疾患の方だけでなく、屋外で活動される全ての方に有効にお使いいただけます。

薄いカラーであっても肌の色と重なり意外と濃く見える場合もございます。
下記使用例は、あくまでお薦め例です。個人差がありますので、その通りとならない場合もございます。参考としてご覧頂けますよう、お願い致します。

尚、短波長の光線のカット率は、遮光カラーであっても濃さに比例します(一部カラーを除く)。
陽射しの強い屋外でのご使用は比較的濃いカラーをお選び下さい。
濃いカラーであっても、「暗く感じる」といったような光量不足は、一般的なサングラスと比較すると感じにくい特性を持っています。





【人気カラーベスト3】 東海光学ホームページからの抜粋
1位 : FL(ブラウン系)
2位 : MG(グレー系)
3位 : NL(グリーン系) 、 TR(ブラウン系)
【淡いカラーの色別おすすめ使用例】 東海光学ホームページを元に編集
夜間運転 【AC】【NA】【TS】【RS】
視感透過率75%以上を確保。白く分散する光を抑える効果。
※オーバーグラスのデザイン上、周辺部の視界が遮られる部分がございますので、運転時の使用ではその点をご注意願います。
パソコン 【LG】【SA】【NA】【TS】【SC】
コントラストのちらつきを抑える効果。
※LGは色調の変化も少ないです
屋外スポーツ観戦 【SA】【NA】【SC】
散乱光を減らしハイコントラストな視界を確保。
ウォーキング 【LG】、【SA】
薄いカラーなので印象も良いです。
※カラーにおける使用例です。
ビューナルは掛かり具合の調整ができませんので、特に激しいスポーツに使用した場合、ズレなどによる装着感の問題が生じる可能性がございます。
【濃いカラーの色別おすすめ使用例】 東海光学ホームページを元に編集
昼間のドライブ 【MG】
色調変化少なく、まぶしさ軽減。可視光の全波長域にわたりほぼ均一に抑えるため色調変化も少なくまぶしさを軽減します。
スキー・スノーボード 【LY】【TR】
晴天時にギャップ(ゲレンデに生じた急な落ち込みや段差など)の識別を見やすくします。短波長から長波長にかけなだらかに光を通すため晴天時にハイコントラスト効果を得られます。
ゴルフ 【FL】
まぶしさの軽減と芝目を見やすくする効果。緑から黄色光線の中間波長を強調させることにより芝目を際立たせます。
ガーデニング 【FL】【NL】
緑のコントラストを高めながらまぶしさを軽減
登山 【RO】【BR】
高地における有害な光から守ります。短波長から中間波長帯をカットし高地における有害な光から目を守ります
フィッシング 【FR】
可視光の全波長域にわたる高い遮光性能により水面からの反射によるまぶしさを緩和します
ウォーキング 【YG】【UG】
散乱光の原因である短波長をカットし、中間波長も抑えることによりコントラストを高めます
※カラーにおける使用例です。
ビューナルは掛かり具合の調整ができませんので、特に激しいスポーツに使用した場合、ズレなどによる装着感の問題が生じる可能性がございます。


 

基本的に、お取り寄せとなります。


【送料無料】【お取寄せ品】【東海光学】遮光オーバーグラス「Viewnal(ビューナル)by STG」Type F ダークレッド 遮光眼鏡/花粉防止眼鏡/眩しさ防止/眼疾患

メーカー:東海光学
型番:tokai-viewnal-f-dr
JANコード: 00000000
価格:

10,000円 (本体 9,259円、税 741円)

レンズカラー:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■ 商品仕様

製品名東海光学ビューナル遮光オーバーグラス「ビューナル」Type F ダークレッド
型番tokai-viewnal-f-dr
JANコード 00000000
メーカー東海光学
区分 新品


当店は東海光学公認の「遮光眼鏡・取扱店」です。


▼スペック


商品について
東海光学と直接取引をし正規ルートで仕入れをしています。
新品未使用の商品のみを販売しております。

※度付きレンズには対応しておりません。
※お使いのメガネの大きさ・種類によっては、オーバーグラスに適さない場合がございます。
フレームについて
・フレームカラー ダークレッド
・レンズサイズ 横幅:58mm 縦幅:38mm(メーカー公表値)
・ブリッジ幅 -
・全体の幅 内寸129mm(メーカー公表値)
※正面から見て、右レンズの外端から左レンズの外端までの長さ
・テンプルの長さ 120mm(メーカー公表値)
・メーカー公表情報 重量:30g
表示サイズはおおよその値です。誤差がある事をあらかじめご了承下さい。
モニターで見る色合いと、実物の色合いは異なります。
レンズについて
・レンズカラー ご希望のレンズカラーをお選び下さい
・レンズ特性 【視感透過率とは】
レンズが目に見える光(可視光線)を、どれだけ通すかを表す数値です。
0%?100%で表示され、数値が100%に近いほど光を通す量が多くなります。

【運転不適合性について】

■運転不適合
昼間の運転には適しません。
特定波長の減衰特性があり、信号を誤認する危険性があるため

■夜間運転不適合
夜間や薄暗い場所での運転には適しません。
視感透過率が75%未満のレンズは、夜間や薄暗い場所で視力低下の危険性があるため
モニターで見る色合いと、実物の色合いは異なります。
付属品について
・ケース 専用ケース付き
・その他 -
ケースの仕様・その他付属品等は予告なく仕様変更となる場合がございます。


▼レンズ説明

遮光レンズとは?
遮光レンズはまぶしさの要因となる500nm(ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。
まぶしさにより白く靄(もや)がかっているように見える状態を、短波長を取り除くことでくっきりさせ、コントラストを強調させます。
■注意
効果は個人により異なるため適応しない場合があります。
普通のサングラスとの違いは?
特にサングラスの定番カラーであるグレー系のサングラスは、目に入る光を均一にカットするため、全体的に視界が暗くなることがありますが、遮光眼鏡は、まぶしさの原因となる光をカットし、黄色や緑色などの明るさを感じるために必要な光はできるだけ取り込むことが出来るため、まぶしさを抑え、明るく自然な視界を確保できます。
遮光レンズはサングラスとしても使用できるの?
まぶしさを抑え、コントラストが強調されるなどの効果により、医療用のほかにアウトドア等や運転時など高機能サングラスとして幅広く使用いただいております。
■注意
青色光線はまぶしさ・ぎらつきの原因の一つと言われています。青色光線を抑える機能により信号を誤認する危険性があるなどカラーにより昼間でも運転に適さないもの、夜間や薄暗い場所での運転に適さないものがございます。







ビューナル 遮光レンズ 詳細
発売元の東海光学のサイトで、ビューナルや遮光レンズカラーの特性などが詳しく掲載されています。

色選びに参考になるかと思いますので、そちらもご覧下さいませ。
・ビューナル商品詳細ページ

・遮光オーバーグラス ビューナル その1
・遮光オーバーグラス ビューナル その2
・遮光オーバーグラス ビューナル その3
・夜間運転向きカラーその1(NA、TS、ACの比較 / 薄いカラーで眩しさ防止が可能か)
・夜間運転向きカラーその2(RS、TS、ACの比較 / 薄いカラーで眩しさ防止が可能か)

・新しい遮光カラー
・新サイズの遮光オーバーグラス




ページトップへ