スイス製時計【Longinesロンジン】安心の正規品!
長谷川時計店

Longinesロンジン/時計


トップページ > ロンジン ( 旧ページ )


スイス製時計【Longinesロンジン】

老舗のスイス製腕時計【Longinesロンジン】

1832年、オーギュスト・アガシによってロンジンは幕を開ける。
スイスのシュズ河畔「Les LONGINES」に一貫生産のできる工場を建設したのが1867年のこと。「Les LONGINES」とは「細長い野原」という意味があり、発祥の地である「LONGINES」を社名にする。

世界初の大西洋単独無着陸横断飛行に成功した、リンドバーグとスピリッツ・オブ・セントルイス号!この33時間と30分に及ぶ果敢な空への冒険を支えたのは、ロンジンの航空用クロノメーターでした。その後、ロンジンの卓越した技術を認めた彼は、ナビゲーション・ウォッチの開発を依頼しました。

技術に裏付けされたエレガントな時計・・・それがロンジンです。

-

Longinesロンジン腕時計概要 正規輸入品/正規特約店
保証期間 2年
当店在庫ない場合のお取寄せ期間
(日本輸入総代理店に在庫がある場合)
2日〜3日程度
日本輸入総代理店に在庫のない場合 1ケ月〜4ケ月程度
掲載商品以外の日本向け発売モデル お取寄せ可能


Longinesロンジン・一覧


エヴィデンツァ
ロンジン時計『Evidenza(エヴィデンツァ)』
  エヴィデンツァ
ロンジン時計『Evidenza(エヴィデンツァ)自動巻き』
  スピリット
  ドルチェヴィータ
ベッレアルティ
ロンジン時計『BelleArtiベッレアルティ』
レ・ラヴィソント・ドゥ・ロンジン
ラウンドミニ
スイス製腕時計【Longinesロンジン】ラウンドミニ
ロンジン1926

■ロンジン日本公式ホームページ

■ロンジン本社ホームページ

エレガンスの布石

最高の時計作り─オーギュスト・アガシとアーネスト・フランシロンは、常にこのことを目標としていました。その遺志はブランドのルールとなり、時間を越えてロンジンの時計作りに関わるすべての人々に受け継がれています。
スイスの西にある小さな村、サンティミエに新たな製造工場を構えた1867年、アーネスト・フランシロンは、パリ万国博覧会に美しい懐中時計を出品。そのエレガントな作風は、審査員たちを魅了し、見事に銅メダルを獲得しています。
手巻き機構のこの時計が、工場で生産された最初の作品です。それ以来、ロンジンは技術面、機構面、デザイン面において数々の賞を獲柵しています。

勇気とエレガンス

地球への挑戦……それは未知との出会い、極限を経験するということ。歴史に名を残しか冒険家たちのエレガンスは、それぞれの勇気の中に認めることができます。
ロンジンは何年もの時間をかけて、彼らとともに冒険への夢を分かち合ってきました。
北極から南極、高峰から深海、大陸と大空をフィールドに……。
流れるような動きと完璧な表現……アスリートたちは、1000分の1秒のタイミングが求められるパフォーマンスによって、私たちにエレガンスの真意を示唆します。
1912年、バーゼルで開催されたフェデラル体操選手権大会で、ロンジンはフィニッシュ・テープに依拠したクロノグラフ公式計時システムを発表。これがスポーツ計時の歴史の幕開けとなり、それ以来ロンジンとスポーツ、とくにオリンピックとの永い絆の物語が刻まれることとなったのです。

リンドバーグ アワーアングルウォッチ

「ベランカと満タンのタンクと一緒に、私はまるで夜空に浮かぶ月のように一晩中起きていられた」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1926年、チャールズ・リンドバーグ

1927年5月、ロンジンはチャールズ・リンドバーグの2つの記録を正確に計時しています。ニューヨークとパリを直線で結ぶ大西洋単独無着陸横断飛行。記録は33時間30分でした。その後すぐに、ロンジンとリンドバーグは緊密なコラボレーションを重ね、リンドバーグの設計・デザインによる「ロンジンアワーアングルウォッチ」を誕生させています。これは長期飛行中の確かな経度を測るためのものです。経度の計算には2つの要素が不可欠でした。一つはグリニッジ子午線の時間。
もう一つは現在位置の時間。この2つの時間の角度が必要とされたのです。経度はこの2つの時間の角度の差によって求められますが、リンドバーグウォッチならそれを瞬時に読み取ることができます。

動きの中のエレガンス

ロンジンは集中力と正確さ、柔軟性とエレガンスが求められるスポーツをサポートしてきました。体操競技はそうしたスポーツを代表するものです。
1989年より、ロンジンは体操および新体操の世界大会における計時と採点を行っています。「ロンジンエレガンス・プライズ」は、こうした経験をもとに、アスリートたちの美を追求する完璧な表現力とその価値に敬意を表して与えられるものです。
あらゆる動作においてバランスを保ちながら、旗手と馬との間の絶妙なハーモニーが要求される乗馬もまた「ロンジン・エレガンス」の基準に重なります。ロンジンは今日、CSIO(国際障害飛越競技会)の多くの競技会でオフィシャルパートナーを務め、公式計時を担当しています。
エレガンス……。上品さと純真さの融合。弱さと自信が徴妙に溶け合ったもの。生来的で本能的な魅力。外見ではなく心の結晶。決して言葉に表すことのできないシンプルなもの。
エレガンスとはファッションの移ろいや異なる文化を超えた普遍的なもの。
ロンジンが認めるエレガンスとは、オードリー・ヘプバーンやハンフリー・ボガードに象徴される正統派のイメージ……
もしくはアシュワラヤ・ライ、カリナ・ラウ、ハリー・コニックJr.といった同時代のロンジン・ブランドのアンバサダーたちの存在……。類いまれな個性をもった彼らは、それぞれの才能と生き方を通じて世界中の人々を魅了しています。それこそがエレガンスなのです。




長谷川時計店ネットショピング老舗のスイス製時計【Longinesロンジン】